Ryun's Web Note

おすすめのグッズや役立つ情報をあなたにお届けします。

[R]【Stinger3利用者必見!】Stinger3を使うなら意識したい記事の書き方

      2013/12/24

stinger3

りゅんた(@RyunNote)です´ω`)ノ

大人気のWordpressテーマ"Stinger3"ですが、あなたはどのように記事を書いていますか?

ただ文章を書いているだけ?それではStinger3の力を出し切っていないでしょう。今回はStinger3を使用している方なら意識したいポイントをご紹介します。

 

ー追記ー2013.12.24

こちらはStingerに特化している部分が多いですが、別に記事を書きました。合わせて読んでいただけると光栄です。

 

タイトルは簡潔+煽り気味に!

book-title

photo credit: romana klee via photopin cc

タイトルでは、その記事がどのような内容なのか把握できないと、そもそも読まれない記事になってしまいます。重要なキーワード(この記事では"Stinger3")+簡潔文章(意識したい記事の書き方)が理想です。重要なキーワードを入れるか入れないかでアクセス数はかなり変わってきます。

ただし、この記事を例にしますが丁寧にタイトルで”記事の書き方”としても読み手からは”読みたい!”って気持ちが表れにくくなってしまいます。

そこで必要なのが煽り。この記事では【Stinger3利用者必見!】というのが煽りになっています。

 

煽りすぎには注意!

komikado

タイトルの煽り<記事内容 という風になっていれば読み手から「へぇ~そうなんだ!」と満足してもらえますが、タイトル煽り>記事内容 では「なんだ。知ってるよそんなこと。今更公開してなんになる?情弱め」ともの凄い批判が返ってきます( ノ゚Д゚)

これは恐ろしいので煽りすぎには注意しましょう。

 

パーマリンクは関連した英単語がベスト!

english

photo credit: Kalexanderson via photopin cc

案外みんながやっていないのがパーマリンクの変更。"post-123"などでいいのだろうか?っと思うことも多々あり。

それぞれ考えがあるのでしょうが、パーマリンクはその記事に関連した英単語がベストだと思います。

っと言うのも検索エンジンに表示されるのは”タイトル+URL+抜粋文”。同じ単語が何度も重複しているとSEO的にはマイナスになるので重要キーワードを"タイトル×1 URL×1 抜粋文×1"ぐらいが程よい感じになると僕は思っています。

 

日本語URLは拡散性に欠ける

上で書いたようなことを意識しすぎると”日本語URLの方がいいじゃん!”っとなってくる方がいると思いますが、日本語URLはとてつもなくURLが長くなってしまいます。自動で短縮してくれるSNSなどではいいですが、他の人にURLを紹介する時に文字化けのような文章がズラッと並びます。拡散性を考えると英単語が理想かなぁっと思います。

Stinger3の生みの親ENJIさんはこの辺にも気を遣っていてパーマリンクは英単語のみ許可するようになっています。

 

hタグを使用してロボットも読みやすいように

google-robot

photo credit: Ѕolo via photopin cc

僕も正直綺麗にhタグを使えているのかは定かではないのですが、hタグを使用してわかりやすい構造にしてあげましょう。

初期のころに気づかなかったのがhタグの数字。僕は元々アメーバブログで記事を書いていたのですが、大体のブログはブログ名がh1になっていると思うんですよ。それがStinger3では記事名がh1タグになっているんです。つまり記事中で使うのはh2~h6。Stinger3に乗り換えた方は注意が必要です。

 

hタグの使い方にも注意

Stinger3作成者ENJIさんもおっしゃっていますが、hタグはロボットに分かりやすくするためのものです。意識しすぎて読み手から読みづらいような記事になってしまうのもあれですが、ある程度階層を意識して書きましょう。

 

記事内容は1000文字は超えたい

ブログ始めたてのころに書きましたが、ある程度の内容で1000文字を超えていれば検索エンジンでは上位に表示されるような気がします。個々が運営するブログ形態にもよりますが、検索エンジンからの流入を考えたいのであれば、内容を意識した長文がいいです。

そんなことを言われても1000文字書くのは大変ですよね(´・ω・`)

例え話や関連情報の余談で長くすることは容易ですが、全体と比べるとどうしても内容が薄くなってしまいます。

そこで一番簡単に長文にできるのが”初心者に教えるつもりで書く”というのが楽に+内容も濃く文章を長くできると思います。

 

重要キーワードはBタグを使用

hタグと同じような感じですが、Bタグもロボットに”重要キーワードだよ!”と伝える重要な役目があります。

ただ乱用するとどれが重要なのか分からなくなるので、使うのはほどほどに。記事内で何度か出てくるワードが重要だと思うので、それらはすべてBタグでいいでしょう。

 

画像や動画を挿入して読み手を飽きさせない

どうしても文字だけでは人間は飽きてしまいます。視覚的にも楽しませてあげられるように写真や動画を挿入してみるのもいいでしょう。滞在時間や直帰率に変化が及ぶと思います。

画像を毎回撮影するのは面倒くさい方は著作権フリー画像サイトを利用するといいです。僕が多く使用しているのはPhoto Pin。

とても写真のクオリティが高いサイトです。著作権表記はしないとまずいですが、欲しい写真が多いため僕は好んで使っています。

その他使用しているサイトはこちら

足成は人物画像が多いので使用しています。

またクレジット表記なども必要ないとのことなので、リンクを張りたくない方にはおススメですね。

ラブフリーフォトはあまり使っていませんが、上記2サイトで見つからない画像などを検索しています。

 

りゅんた的ℜoundUp

今回の記事はあくまでも僕の考えです。参考程度にしてください。

ここで書いたことを意識しながら書いた結果、いくつかのキーワード(Stinger3カスタマイズなど)では検索順位1位となっています。

ぜひ意識してなかった方は試してみてください。

 - SEO, Stinger3カスタマイズ, Wordpress