Ryun's Web Note

おすすめのグッズや役立つ情報をあなたにお届けします。

[R]Logicool M570が使いやすい!腱鞘炎の人や、マウススペースがない人におススメ

      2013/12/17

M570-all

僕が半年以上愛用しているLogicool M570。変わった形なんですが、利便性がとても高く、見慣れたマウスとは違うのでご紹介します。

 

M570は他のマウスと違う!

おそらくマウスと言われてパッと思い浮かぶのが、マウス裏にレーザーやボールがあって、マウスを横移動することでカーソルが移動するタイプだと思うのですが、

 

これは手首を一切動かしません!

 

写真を見て分かる通り、変なボールがありますね。これを親指でコロコロするとカーソル移動ができるんです。なんでこんな形にしたのかは…。後ほど!!

 

M570の詳細

仕様 ワイアレストラックボール
インターフェース USB/2.4GHzワイアレス
センサー レーザー式
解像度 540dpi
ボタン 5ボタン(ホイール含む)

(※引用-Amazon.co.jp M570

 

M570の全体図

m570-part

こんな感じ。マウスにしては結構大きなサイズでしょうか。

初めて使う時には『大きいなぁ(´・ω・`)』って思ったのですが、僕の手が極小なのでそれが関係しているかと…。

ボールは取り外し可能で、中の掃除ができます。

 

というか掃除しないとゴミが溜まります!

 

そしてボールの可動が悪くなります。掃除の仕方は簡単で、ティッシュや爪楊枝でゴミを取り除いて上げればOKです。

 

このままでもスムーズにボールは動くんですが、よりスムーズを求めて改造している方がいます。

参考-トラックボールM570をベアリング化改造!

(※改造すると保証が一切受けられなくなる可能性があります。)

普通に使うならここまで求める必要も無さそうですww

 

電池カバー内に謎の空洞!?

電池カバーは裏にあって、

m570-hollow

空洞があります。ここにはなんと!

m570-in-recever

レシーバーが収納できるんです!d(゚Д゚ )☆ジャジャーン☆( ゚Д゚)b

マウスを持って移動する際に、レシーバーだけを無くすことがなくて安心です。

っま出先に持っていくことがあまりない僕は、この空洞を使ったことがないですけどね(・へ・)

 

M570の電池持ちが凄すぎるΣ(=゚□゚=;)

このM570電池持ちがハンパないです(=゚ω゚)ノ

えっと半年間付属電池を使用しても、電池が無くなりませんすごいよこれ( ノ゚Д゚)

 

こんな人におススメするM570

wrist

photo credit: thespianlove via photopin cc

タイトルにも記載していますが、

  • 従来のマウスシステムで腱鞘炎になった方
  • マウススペースがあまりなく、横移動ができない方

などには特におすすめしたいです。マウスでの腱鞘炎の原因は、カーソル移動の手首移動が多すぎて発症する方が多いですが、M570は親指のみの移動なので、負担は最小限に抑えられます。もちろん親指も腱鞘炎にはなるのですが、仕事先でマウスを1日使っていて、自宅でもマウスを使用するような方は、手首にかなり負担がかかっているので、使い分けをしたほうがいいと思います。

 

その他にも

  • ベッドやソファなどでマウスを使いたい方

にもおすすめします。ボール移動でカーソルが移動するので、下の状況は関係ないです。

空中で操作もできるので、布団に寝ながらカーソル移動することも容易です。

 

冬場はかなり助かりますね。コタツの中に手を入れながらカーソル移動などができるので、手だけ冷えるっていうことがないです。

 

慣れるには多少の時間が必要

手首移動型マウスだと直感的に操作できると思いますが、それが使い慣れない親指になるので、多少操作には慣れが必要となってきます。

っと言ってもボールを左に回せば、カーソルは左に。右に回せば、カーソルは右にと根本的な操作は変わらないので、すぐに慣れることができるでしょう。

 

りゅんた的ℜoundup

初期設定だと、カーソル移動がゆっくりすぎるので、僕はカーソル移動を少し速めにしています。

掃除は1ヶ月に2回ぐらいの頻度で行っています。(ボールが少し思いと感じたら掃除目安)

 

 

M570が故障したときは?

M570を使っている方がとても多いので、故障した記事などをよく見ますが、本体が脆いわけではありません。ただパソコン周辺機器は結局は消耗品なので、故障します。

僕もM570が故障してしまいましたが、ロジクールのサポートが優秀で、無事修理できました。

こちらに記事を書いたので参考にしてみてください。

合わせて読みたい

マウスはこれを長期的に使っていましたが、キーボードも疲れないキーボードに買い換えました。もしよろしければ合わせてお読みください。

 - 便利アイテム&情報